パートナーが家族に暴力をふるう

・”暴力的”とはどんなことでしょうか?

・怒り以外の感情が心の奥深くにあるかもしれません。

・その怒りは相手に危険をもたらしますか? 深刻になるまえにSOSを!!

・自己分析も大切ですが、専門職を活用しましょう。

暴力の背景には、さまざまな感情がある?

自分を”暴力的”だと感じる・・・

それはとてもつらい体験でしょう。この記事を読んでくださっているということは、大切な子どもやパートナーに対する行動について、自分自身を責めている。変えてゆきたいという気持ちがあるのだと思います。

暴力というと”怒り”にむすびつけて考えがちですが、いろんな気持ちがもとになっています。不安、さびしさ、悲しさ、むなしさ・・・さまざまな感情が、思いやりのない投げやりな行動を引き起こします。

こういうとき、感情をおさえこんで暴力を止めようとしてもうまくいかないことが多いです。「怒っているだけだ、少し我慢すればなんとかなる」と自分に言い聞かせることもあるでしょうけれど、不安やさびしさなどの感情は心の奥深くにあって、自分でも何が起きているかわからないことがあります。

自分の言動や行動は、相手にとって危険ではありませんか?

その行動や言葉で、相手はどんな傷を負っていますか?

どういう影響を心配していますか?

「身体や心に深い傷をあたえているかもしれない」と思うなら、助けを借りた方がいいでしょう。

子どもについてなら、子育て支援センターや、児童相談所が助けになってくれると思います。妻や夫に対してであれば、男女参画センターなどがあります。

誰かにSOSを伝えることは、勇気がいりますが、大切な第一歩です。

自分だけで抱えずに、相談することが大切

子育て相談やカウンセリングを利用するのはどうでしょうか?

誰かと話し合うと、もっと深く考えることができるかもしれません。スポーツ選手が自主練だけでなく、コーチの意見を聞くことで技術が高くなるイメージです。”激しい感情があるときに暴力的ではない別の行動をとる”ための作戦を話し合うほうが、感情をおさえこむ方法を考えるよりも現実的です。

もし、「気力がわかない」「パニックで落ち着かなくなってしまう」など、考えること自体が難しいとしたら、なおさら、カウンセリングの利用や、精神科・心療科の受診をおすすめします。

カテゴリー:

タグ: なし